加圧シャツはなぜ着るだけで効果があるのか?どのくらい着ればいいのか?

 加圧シャツは着るだけで腹横筋を鍛えて、お腹を引き締めてくれます。なぜかというと、人は呼吸時に腹横筋を使いお腹を動かして呼吸しています。加圧シャツを着ると、呼吸時の腹横筋の負荷が普段より増え、結果鍛えることができます。
 初めて加圧シャツを着るときは通勤時に8時間ほど着ることが推奨されています。8時間着ることを2週間続ければ、お腹が引き締ってきたという効果を実感することができます。



加圧TシャツSASUKEの特徴

 加圧TシャツSASUKEは半袖タイプの加圧シャツです。
 加圧TシャツSASUKEの最大の特徴は下記の画像のように腹部部分が他の加圧シャツに比べて凹むような形をしているところです。この形にすることで、腹部の加圧力が増し、腹部を美しい形に引き締めることができます。
 一見着たら苦しそうに見えますが、人間工学に基づいた研究から最適な圧力バランスを実現しているため、口コミでは「マイルドな加圧力」「全体的にバランスよく加圧してくれる」と高評価でした。
 また、サイズも普通のTシャツと比べると一回り小さいく、首元もVネックになっているため、Tシャツの下に着ても気にならないです。



↓着るだけでお腹を引き締めてくれる加圧TシャツSASUKEの秘密はこちら↓




SASUKE メリットデメリット3選

 SASUKEの口コミや評価などを調べ、メリットとデメリットを3つずつまとめてみました。
メリット
1.24時間着られる着心地の良さ
 SASUKEは人間工学に基づいた研究により、最適な圧力バランスを実現しています。さらに、金属繊維により、汗の蒸散・防臭効果も実現しています。
 また、口コミでも加圧感は「マイルドな印象」と評価されていることから、慣れてくれば24時間着用できる加圧シャツです。24時間着ることにより1日あたりの筋トレ効果を高めることができます。
2.スパンデックス配合
 スパンデックスは伸縮性が非常に大きく、耐熱性や強度もある素材です。スポーツウエア、水着、レオタードなど伸縮性が必要なものによく使用されています。
 SASUKEはこのスパンデックスを配合することにより、高い耐久性や身体への高いフィット性も実現しています。



3.2018年度加圧シャツランキングで3冠達成
 SASUKEは「加圧シャツお客様満足度」「使い続けたい加圧シャツ」「加圧シャツ人気」の各部門で1位を獲得した実績と信頼のある加圧シャツです。



デメリット
1.加圧感がマイルド
 SASUKEは口コミで加圧感は「マイルドな印象」と評価されていますが、これはデメリットでもあります。加圧シャツの中にはSASUKEより加圧力が高いものがあり、時間あたりの筋トレ度はSASUKEより高いです。
 SASUKEは加圧感がマイルドのため、加圧シャツを履くは初めての方や将来24時間加圧シャツを履きたい方におすすめです。将来も通勤時の8時間のみ履きたい方は加圧力が高いリアルビルドアーマーがおすすめです。リンクはこちら↓  ↓  ↓

「リアルビルドアーマーの口コミや評価、効果は?メリットデメリット3選」(https://malvakirsipu.com/)

2.普通のシャツより暑い
 加圧シャツは肌に密着して体温がこもります。SASUKEは通気性の良い素材で作られていますが、それでも普通のシャツよりは暑いです。SASUKEは通勤中も着ることが推奨される加圧シャツのため、屋外や工場などのエアコンがない暑い環境で仕事をしている人にはおすすめできません。
3.暑がりの人は腕がほっててしまう
 SASUKEは半袖タイプの加圧シャツのため、暑がりの人は腕がほっててしまいます。暑がりの人はタンクトップタイプの加圧シャツをおすすめします。(腕部分は鍛えられないデメリットがあります)



SASUKEはこんな人におすすめ

・ポッコリお腹を鍛えて、お腹を引き締めたい人
・日常生活でインナーマッスルを鍛え、基礎代謝を上げたい人
・運動する時間がなかなかつくれない人
・運動するきっかけを作りたい人(加圧シャツを着ることで自信の体型に自覚的になって運動に積極的になります)
・猫背を治したい人
・旦那さんや彼氏に体型を良くしてほしい女性の人(プレゼントとして)
 上記の項目にあてはまる人はSASUKEの購入をおすすめします。